Column

D2Cビジネスを成功に導く「5W3H」を知る
D2C(Direct to Consumer:消費者直接取引)は、メーカーが卸売りや小売りといった流通業を介さずに顧客に製品/サービスを直接販売する事業形態です。流通業を介してきた製造業にすれば、D2Cビジネスの立ち上げでは、商品開発から、自社流通、販売、顧客とのコミュニケーション、顧客に関するデータ管理など事業全体のDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む必要があります。D2Cビジネスでは、顧客の購買状況や利用状況、好みなど、顧客に関して、さまざまなデータを直接、収集・分析できるため、商品開発のPDCAサイクルを短いスパンで回せるようになり、顧客が求める商品を、必要なタイミングに、必要な数だけ製造するといった仕組みの実現が可能になります。
本連載では、D2C事業を立ち上げ、成功に導くために不可欠な取り組みである「5W3H」について解説します。
1