Column

大和敏彦のデジタル未来予測

デジタルテクノロジーをテコにビジネスや社会を変革する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」へ取り組むことは、業種・業態を問わず経営上の最重要課題になった。デジタル化されたサービスは時間や国境も越える。本連載では、デジタルテクノロジーが引き起こしているイノベーションの動向や事例、進化するデジタルテクノロジーの本質と活用のヒントを取り上げる。
大和敏彦のデジタル未来予測トップへ

CDO CLUB発 世界のCDOは何を考え、どう行動しているのか

デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが進む中でCDO(Chief Digital Office:最高デジタル責任者)を置く企業が増えてきました。従来のCIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)とは異なる視点・異なる役割を担って企業のデジタル化を推進するのが役割です。本連載では、世界におけるCDOに関する動きや、CDOに求められるスキルや経験などについて、世界のCDOが集う「CDO CLUB」の日本の窓口である「CDO CLUB JAPAN」から発信していきます。
CDO CLUB発 世界のCDOは何を考え、どう行動しているのかトップへ

学校では学べないデジタル時代のデータ分析法

デジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)における意思決定のカギを握るのは、データをいかに分析し必要な洞察を得られるか、すなわちデータ分析にかかっている。そこでは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)などによって、どれだけ多様なデータを大量に集めても、AI(人工知能)を適用しようとも、データに対峙するための“センス”が求められる。本連載では、学校やデータ分析のセミナーでも学べない、これからのデータ分析法を解説していく。
学校では学べないデジタル時代のデータ分析法トップへ

Digital Vortex、ディスラプトされるかディスラプトするか

あらゆるモノがつながっていく世界。そこで起こる大きな変化の兆しを見越し、米シスコシステムズと世界トップクラスのビジネススクールであるスイスのIMDのパートナーシップにより設立したのが「Global Center for Digital Business Transformation(DBTセンター)」である。DBTセンターの研究成果の1つが、デジタル化がもたらす破壊力を解説した「Digital Vortex(デジタルボルテックス)」だ。本連枝では、このデジタルボルテックスを紹介していく。
Digital Vortex、ディスラプトされるかディスラプトするかトップへ

会津若松市はデジタル化をなぜ受け入れたのか

日本に数あるスマートシティプロジェクトの中で、確実に歩みを進めているのが会津若松市である。同市が5年前にデジタル化に舵を切って以来、市民生活や地域産業の多岐にわたる分野において、デジタルテクノロジーが活用され、複数のプロジェクトが日々動いている。アクセンチュアは「日本の未来のために貢献したい」との思いから、会津若松市の取り組みを全面的に支援している。本連載では、同市の挑戦と取り組みをつまびらかに紹介することで、全国の地方都市および市民に対し、まちづくりのためのヒントを提供していく。
会津若松市はデジタル化をなぜ受け入れたのかトップへ

Industrial IoTが求めるシカケの裏側

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の世界観が広がっている。スマートフォンの爆発的な普及や高速なモバイルネットワークの普及がIoTの深化を促進している。しかしながら、IoTを産業分野で実際に利用するためには、産業分野ならではの課題を解決する必要がある。本連載では、当社が実際に向き合ってきたIndustrial(産業)IoTにおける課題と解決のアプローチについて、事例に基づきながら共有させていただく。
Industrial IoTが求めるシカケの裏側トップへ