Column

大和敏彦のデジタル未来予測

デジタルテクノロジーをテコにビジネスや社会を変革する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」へ取り組むことは、業種・業態を問わず経営上の最重要課題になった。デジタル化されたサービスは時間や国境も越える。本連載では、デジタルテクノロジーが引き起こしているイノベーションの動向や事例、進化するデジタルテクノロジーの本質と活用のヒントを取り上げる。
大和敏彦のデジタル未来予測トップへ

CDO CLUB発 世界のCDOは何を考え、どう行動しているのか

デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが進む中でCDO(Chief Digital Office:最高デジタル責任者)を置く企業が増えてきました。従来のCIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)とは異なる視点・異なる役割を担って企業のデジタル化を推進するのが役割です。本連載では、世界におけるCDOに関する動きや、CDOに求められるスキルや経験などについて、世界のCDOが集う「CDO CLUB」の日本の窓口である「CDO CLUB JAPAN」から発信していきます。
CDO CLUB発 世界のCDOは何を考え、どう行動しているのかトップへ

学校では学べないデジタル時代のデータ分析法

デジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)における意思決定のカギを握るのは、データをいかに分析し必要な洞察を得られるか、すなわちデータ分析にかかっている。そこでは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)などによって、どれだけ多様なデータを大量に集めても、AI(人工知能)を適用しようとも、データに対峙するための“センス”が求められる。本連載では、学校やデータ分析のセミナーでも学べない、これからのデータ分析法を解説していく。
学校では学べないデジタル時代のデータ分析法トップへ

Digital Vortex、ディスラプトされるかディスラプトするか

あらゆるモノがつながっていく世界。そこで起こる大きな変化の兆しを見越し、米シスコシステムズと世界トップクラスのビジネススクールであるスイスのIMDのパートナーシップにより設立したのが「Global Center for Digital Business Transformation(DBTセンター)」である。DBTセンターの研究成果の1つが、デジタル化がもたらす破壊力を解説した「Digital Vortex(デジタルボルテックス)」だ。本連枝では、このデジタルボルテックスを紹介していく。
Digital Vortex、ディスラプトされるかディスラプトするかトップへ

会津若松市はデジタル化をなぜ受け入れたのか

日本に数あるスマートシティプロジェクトの中で、確実に歩みを進めているのが会津若松市である。同市が5年前にデジタル化に舵を切って以来、市民生活や地域産業の多岐にわたる分野において、デジタルテクノロジーが活用され、複数のプロジェクトが日々動いている。アクセンチュアは「日本の未来のために貢献したい」との思いから、会津若松市の取り組みを全面的に支援している。本連載では、同市の挑戦と取り組みをつまびらかに紹介することで、全国の地方都市および市民に対し、まちづくりのためのヒントを提供していく。
会津若松市はデジタル化をなぜ受け入れたのかトップへ

Industrial IoTが求めるシカケの裏側

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の世界観が広がっている。スマートフォンの爆発的な普及や高速なモバイルネットワークの普及がIoTの深化を促進している。しかしながら、IoTを産業分野で実際に利用するためには、産業分野ならではの課題を解決する必要がある。本連載では、当社が実際に向き合ってきたIndustrial(産業)IoTにおける課題と解決のアプローチについて、事例に基づきながら共有させていただく。
Industrial IoTが求めるシカケの裏側トップへ

ブロックチェーンの仕組みを知り適用業務を考える

ブロックチェーンへの関心は高まる一方です。仮想通貨「BitCoin」を実現したテクノロジーとして注目され、今も各種の仮想通貨の発行・流通に利用されています。ですが、ブロックチェーンの適用先は仮想通貨にとどまりません。その特性をいかすべく種々のアプリケーションへの適用が始まっています。本連載では、ブロックチェーンの適用事例を示したうえで、ブロックチェーンという最新技術を深掘りしていきます。
ブロックチェーンの仕組みを知り適用業務を考えるトップへ

シアトル発、工藤卓哉のデジタル便り

米国西海岸北部に位置するシアトル。水と緑に囲まれた美しい景観から「エメラルドシティー」という愛称でも知られる風光明媚な都市である。一方で、米Amazon.comや米Microsoftをはじめとした数々のグローバルIT企業が集積し、日々革新的な取り組みが生まれている町でもある。そこでは、世界最先端のエンジニアたちが新たしい技術やサービスを生み出すために日々しのぎを削り合っている。本連載では、実際にシアトルで暮らす生活者の視点から、日本人が知らないデジタル化の最前線をレポートしていく。
シアトル発、工藤卓哉のデジタル便りトップへ

デジタルシフトに取り組むためのソフトウェア開発の新常識

デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが加速する中、プロジェクトの関係者は課題を絞り込み、その解決策を見つけ、さらに事業として成立させるためのビジネスモデルをも設計しなければなりません。しかし、そこで見落としがちなのが、ビジネスモデルを形にするためのソフトウェア開発力です。本連載では、企業のデジタルシフトに必要なソフトウェア開発力について弊社がDXに取り組むお客様とともに経験してきた成功や失敗の体験を元に、筆者なりの考え方をお伝えしていきます。
デジタルシフトに取り組むためのソフトウェア開発の新常識トップへ

地方版IoT推進ラボが取り組む課題解決プロジェクト

人口減少・少子高齢化に起因するさまざまな課題に直面する日本。地方においては特に、産業の縮小や若者の流出による担い手不足など、より深刻な状況にある。そうした課題を、デジタルテクノロジーを活用しながら、地方発の新たな価値創出や熟練した「技」の伝承などで打破することの重要性が高まっている。そこで、経済産業省と情報処理推進機構(IPA)が2016年に立ち上げたのが「地方版IoT 推進ラボ」である。本連載では、各地の地方版IoT推進ラボが取り組んでいる最新の課題解決プロジェクトを、各地のラボ自らが紹介していく。
地方版IoT推進ラボが取り組む課題解決プロジェクトトップへ

本当にビジネスの役に立つSAP流デザインシンキングの勘所

「デザインシンキング(Design Thinking)」という言葉が一般的に聞かれるようになってから数年が経った今、ネット上では「デザインシンキングは本当に役に立つのか?」といった論調の意見が盛んに共有され始めています。本当に、そうなのでしょうか。日本にデザインシンキングは根付いたのでしょうか。そうした疑問に対し、独SAPの創設者が設立したデザインシンキングの総本山とも言える米Hasso Plattner Instituteの「D-School認定デザインシンキング・コーチ」である原 弘美氏が、これまでの経験と考察から、デザインシンキングの真実と、ビジネスへの活用方法を解説します。
本当にビジネスの役に立つSAP流デザインシンキングの勘所トップへ

Society 5.0への道

「Society 5.0」(超スマート社会)は、日本の再興戦略における2050年ごろの社会の“あるべき姿”であり、2030年をメドに具体化するのが1つの目標だ。その実現に向けて、多くの企業が取り組み始めている。Society 5.0は、少子高齢化など”課題先進国”とされる日本にあって、社会が抱える課題の解決と、テクノロジーの進化に伴うデジタルトランスフォーメーション(DX)への対応という、2つの側面を持っている。Society 5.0を取り巻く環境やテクノロジー、Society 5.0に取り組む企業の姿などを紹介する。
Society 5.0への道トップへ

これだけは知っておきたいデジタルマーケティングの基本

デジタルトランスフォーメーション(DX)における新規事業開発の本質は、顧客に新たな体験価値を提供すること、すなわち、従来にも増して顧客を中心にビジネスを企画・開発し実行することだ。そのためには、新規事業がどのような形であれ、顧客接点を最適にマネジメントする仕組みとしてのデジタルマーケティングを活用する必要がある。本連載では、DXに取り組むメンバーであれば“知らない”ではすまされないデジタルマーケティングの基礎について、具体例を紐解くことで解説する。
これだけは知っておきたいデジタルマーケティングの基本トップへ

データ活用で失敗しないための3つの条件〔ビジネス部門編〕

IoTやAIなどの進展によりデータ活用への期待が高まっています。一方でデータ分析のプロジェクトを立ち上げたものの、なかなか成果が出ないというケースが少なくありません。そうした失敗は「データ分析によって何を実現したいのか」という目的が不明確であること、データ活用シーンを十分に検討していないことが背景にあります。本連載では、これからデータ活用を始めたい企業が失敗しないために、どのようにデータ活用を進めていけばよいのかを3回で説明します。
データ活用で失敗しないための3つの条件〔ビジネス部門編〕トップへ

スクラムで創るチームワークが夢を叶える

デジタルトランスフォーメーション(DX)へ取り組みが本格化するなか、その重要性への認識が高まっているのが”アジャイル(俊敏)”に動ける組織作りであり、新しいサービスを生み出すためのアプリケーションの企画・開発体制である。そこで改めて注目が高まるのがイノベーションのための手法である「スクラム」だ。スクラムでは、アプリケーション開発者だけでなく、プロダクトオーナーや事業部門の担当者など[a]からなるチームが一丸になってゴールを目指す。本連載では、イノベーションを起こせるチームの実現に向けてスクラムの基本的な考え方や参画メンバーの役割などについて、ビジネスリーダーの視点から解説する。
スクラムで創るチームワークが夢を叶えるトップへ

情報セキュリティ審査基準「TISAX」に対応するための3条件

今日の事業活動は、他社との連携で成り立っており、サプライチェーンの重要性が増している。同時に、インターネット経由の連携では、情報セキュリティのリスクに対応しなければならない。そうした中、ドイツ自動車工業会(VDA)は、サプライヤーの情報セキュリティ審査基準「Trusted Information Security Assessment Exchange(TISAX)」を策定した。ドイツの業界標準であるが、日本企業にもTISAX対応が求められ始めている。本連載では、TISAXに対応するための条件を3つに整理し、その概要から審査の要求事項や審査プロセス、日本企業の備えについて解説する。
  •  
    独自動車業界がサプライチェーンに求めるセキュリティ
    [2019年9月27日]
  •  
    独自動車業界がサプライチェーンに求めるセキュリティ
    [2019年9月20日]
  •  
    独自動車業界がサプライチェーンに求めるセキュリティ
    [2019年9月13日]
情報セキュリティ審査基準「TISAX」に対応するための3条件トップへ

“稼ぐ力”に向けた中小企業の共創とデジタル技術の使い方

第4次産業革命が進む中、欧米企業はいち早く、売上拡大を可能にする高付加価値化の戦いに移行している。一方で日本は、平成の30年間で“稼ぐ力”を弱らせ高付加価値競争に出遅れているのが実状だ。高付加価値化の実現には、AI(人工知能)やIoT(物のインターネット)、ロボットといったデジタル技術を駆使した経営戦略が不可欠だ。そこで関東経済産業局は2019年度から、中小企業がオープンイノベーション(共創)によって高付加価化を図れるよう高度専門家を派遣する取り組みに着手した。本連載では、中小企業が共創により稼ぐ力をどう獲得できるのかを紹介する。
“稼ぐ力”に向けた中小企業の共創とデジタル技術の使い方トップへ