Column

会津若松市はデジタル化をなぜ受け入れたのか
日本に数あるスマートシティプロジェクトの中で、確実に歩みを進めているのが会津若松市である。同市が5年前にデジタル化に舵を切って以来、市民生活や地域産業の多岐にわたる分野において、デジタルテクノロジーが活用され、複数のプロジェクトが日々動いている。アクセンチュアは「日本の未来のために貢献したい」との思いから、会津若松市の取り組みを全面的に支援している。本連載では、同市の挑戦と取り組みをつまびらかに紹介することで、全国の地方都市および市民に対し、まちづくりのためのヒントを提供していく。
10