Column

不完全・少量の“レガシーデータ”をAIで活用する
デジタルトランスフォーメーション(DX)の中核には、データ活用の最大化がある。だが、大量で完全なビッグデータがそろうことは、むしろ珍しい。多くの企業が保有するデータは、少量・不完全な“レガシーデータ”であることがほとんどだろう。しかし、このレガシーデータからも分析や予測、意思決定を可能にする方法がある。業務・業種などに関するドメイン知識をAI(人工知能)に組み込む方法だ。本連載では、ドメイン知識を用いたレガシーデータの活用法を解説する。
2