Column

顧客接点を支えるeKYCの基礎知識
各種サービスのオンライン化が進む中で、重要性を増しているのがサービスの利用者が本人かどうかを確かめる「本人確認(KYC:Know Your Customer)」です。リアルな対面サービスであれば、免許証など顔写真付き公文書を目視で確かめることが可能ですが、オンラインなれば、文書の提示はもとより、本人自体の“なりすまし”も容易になってしまいます。そうした課題を乗り越え、オンラインでの本人確認の手段を提供するのが「eKYC」です。サービスのデジタル化が進む中、利用ニーズが高まっているeKYCの基本を解説します。
2