Column

Well-beingな社会に向けたロボットの創り方
テレビやWebなど、さまざまなメディアで「ロボット」という言葉を毎日のように見聞きするようになった。人手不足という社会的な理由を背景に、従来の工場内に留まらず、その活用場所は急速に広がっている。国際ロボット連盟(IFR)によると、2018年度に販売された業務用サービスロボットは27万台で、対前年比で約60%増と急激な伸びを示している。本連載では、ロボットの現状や課題を整理しながら、今後ロボットはどのような方向に向かっていくのか。さらに、より良い状態である「Well-being(ウェルビーイング)」な社会の実現に向けて、ヒトとロボットは、どのような関係を構築していけば良いのかについて論じていきたい。
2