Column

スクラムで創るチームワークが夢を叶える
デジタルトランスフォーメーション(DX)へ取り組みが本格化するなか、その重要性への認識が高まっているのが”アジャイル(俊敏)”に動ける組織作りであり、新しいサービスを生み出すためのアプリケーションの企画・開発体制である。そこで改めて注目が高まるのがイノベーションのための手法である「スクラム」だ。スクラムでは、アプリケーション開発者だけでなく、プロダクトオーナーや事業部門の担当者など[a]からなるチームが一丸になってゴールを目指す。本連載では、イノベーションを起こせるチームの実現に向けてスクラムの基本的な考え方や参画メンバーの役割などについて、ビジネスリーダーの視点から解説する。
2